ボーコンセプト採用 募集要項
BoConcept採用サイトトップ コラム ミッドセンチュリーインテリアとは?特徴や北欧デザインとの違い、取り入れる際のポイントを紹介
インテリア

ミッドセンチュリーインテリアとは?特徴や北欧デザインとの違い、取り入れる際のポイントを紹介

ミッドセンチュリーインテリアは、現代アートのような洗練された雰囲気を持っているスタイルなので、そのシンプルで機能的なデザインに惹かれる方も多いのではないでしょうか? しかし、いざ自分の部屋に取り入れようとすると、なかなか思い通りのイメージを実現するのが難しいインテリアスタイルでもあります。

そこでこの記事では、ミッドセンチュリーインテリアを取り入れるときのポイントをご紹介します。また、北欧デザインと混同されることも少なくないので、ミッドセンチュリーインテリアならではの特徴と北欧デザインとの違いも解説します。

アイキャッチ画像
読了まで約5

目次

    ミッドセンチュリーインテリアとは?

    ミッドセンチュリーインテリアは、1940~1960年代のアメリカで生まれたインテリアデザインです。ミッドセンチュリーとは「1世紀の中間」という意味であり、ミッドセンチュリーインテリアは「20世紀中盤にブームとなったインテリアの様式」という意味になります。

    ミッドセンチュリーインテリアは、モダンでありながらレトロな趣(おもむき)のあるデザインに独特の魅力があり、現代でも多くのファンや家具コレクターに注目されています。

    ミッドセンチュリーインテリアが生まれた時代的背景

    1940年代、第二次世界大戦の戦勝国となったアメリカでは、製造業が一気に成長しました。1950年代に入ると「アメリカの黄金時代」と表現されるほど経済が成長し、国民も豊かになりました。このような時代的背景のもと生まれたのがミッドセンチュリーインテリアです。

    戦争中に生み出された新技術は家具にも応用されました。それまでの家具は、技術的な制約から直線的なデザインが中心でしたが、新技術の導入によってプラスチック加工が可能となり曲線的なデザインの家具が登場します。

    デザインの自由度が高くなったこともあり、チャールズ&レイ・イームズ、ジョージ・ネルソンなどの革新的な家具デザイナーも多数生まれました。

    デンマーク家具の企画制作・輸入販売のボーコンセプトでは、
    一緒に働く仲間を募集しています。

    ボーコンセプトの募集要項を見る

    ミッドセンチュリーインテリアの特徴

    ミッドセンチュリーインテリアは、機能性を追求したシンプルな美しいデザインが特徴です。不要なデザインや機能はできるかぎり排除されており、曲線的なデザインの家具が多いことから、近未来的なイメージの空間を醸し出します。

    配色はベーシックなカラーにビビッドカラーをアクセントで用いることが多く、全体的に「モダンな芸術作品のような印象」を与えます。

    ミッドセンチュリーインテリアと北欧デザインの違い

    北欧デザインは、シンプルさと機能性に優れているところがミッドセンチュリーインテリアと共通しています。しかし、両者には根本的な違いがあります。

    それは、ミッドセンチュリーインテリアはクラシックな雰囲気を持ちすっきりした印象を与えるのに対して、北欧デザインは明るく優しい印象が強いところです。ミッドセンチュリーインテリアのほうが、よりクールな印象といってもよいかもしれません。

    北欧デザインの特徴は、北欧の気候に由来しています。冬場の日照時間が極端に短く家で過ごす時間が長くなるため、インテリアも在宅時間を明るく楽しく過ごせるように工夫されてきました。また、北欧の豊かな自然をモチーフとしたデザインもポップで温かみを感じさせます。

    関連記事:スカンジナビアデザインとは?特徴や家具の魅力を紹介
    関連記事:ジャパンディスタイルとは?特徴や取り入れ方を紹介

    ミッドセンチュリーインテリアを取り入れるためのポイント

    ミッドセンチュリーインテリアのデザインや色彩を、部屋にマッチさせるのは難易度が高いといわれます。しかし、以下の点を意識するとイメージを落とし込みやすくなるでしょう。

    ポイント(1):配色のバランス

    メインの色彩はシンプルな色でまとめましょう。例えば、ホワイトやダークブラウンです。そのうえで赤や黄色などのビビッドカラーを、ポイントとして添えると室内の印象にメリハリをつけることができます。多くのカラーを配色すると落ち着きのない雰囲気になるので注意しましょう。ポップなカラーは、目を引くアクセントとして取り入れると、バランスがとりやすくなります。

    ポイント(2):デザインの統一感

    ミッドセンチュリーインテリアの中にもさまざまなデザインが存在します。個性的なデザイナーが多いので、インテリアに統一感を持たせるために、同一デザイナーのアイテムで揃えるというやり方も有効です。

    また、ミッドセンチュリーインテリアは他のスタイルのインテリアと組み合わせることも可能なのですが、組み合わせを誤ると雑然とした印象になりがちです。組み合わせる場合も、一つのスタイルに絞りこんで取り入れるくらいのバランスがおすすめです。

    ポイント(3):曲線の活用

    ミッドセンチュリーインテリアの魅力に家具の曲線美があります。部屋の中で存在感のある椅子やテーブルに曲線的なデザインのものを置くと、室内がやわらかな雰囲気となります。また、美しい曲線のフォルムがモダンな雰囲気を醸し出します。ミッドセンチュリーインテリアならではの空気感を出したい場合、角の目立つ家具はなるべく避けることがポイントです。

    ポイント(4):自分好みの個性的なデザインをアクセントとする

    大きめのインテリアはシンプルなデザインを取り入れ、自分好みの個性的なデザインはアクセントとして使うことがコツです。例えば、照明や時計、ミラーなどをアクセントとするのがおすすめです。シンプルなインテリアデザインに、レトロな雑貨を添えるだけでもさりげないセンスを表現できます。

    ポイント(5):自然を取り入れる

    屋外の要素を室内に取り入れることも、ミッドセンチュリーインテリアスタイルにする手法の一つです。窓から見える自然の風景をインテリアとして捉えて、椅子やテーブルを調和するようにコーディネートしてみましょう。背の高すぎない家具を用意することがポイントです。

    あるいは部屋に観葉植物、ナチュラル素材の雑貨を置いてもよいでしょう。モダンな家具とマッチするカシワバゴムノキなどの大きな葉を持つ観葉植物は特におすすめです。自然と人工物の融合はミッドセンチュリーを演出するうえで重要な要素となりますので、ぜひ一工夫してみてください。

    関連記事:家具・インテリアの種類と選び方を解説!あの家具の名前は?
    関連記事:インテリアを仕事にしたい人必見!プロ目線のインテリア配置術とは?

    まとめ

    ミッドセンチュリーインテリアは取り入れるのが難しいといわれるスタイルですが、ポイントを押さえればモダンさとレトロさが調和するミッドセンチュリーらしい雰囲気を部屋に演出することができます。落ち着いたトーンを基調にし、曲線的なデザインの家具やビビッドなカラーの雑貨などをアクセントに置いてみましょう。ミッドセンチュリーインテリアは小物次第で印象が大きく変わるため、個性を表現しやすいスタイルでもあります。

    ただし、インテリアコーディネートに慣れていない方にとって、ややハードルが高いのもたしかです。インテリアのプロにミッドセンチュリーインテリアの取り入れ方を提案してもらうことが望ましいといえます。ミッドセンチュリーインテリアは、どちらかというとインテリア中級者~上級者におすすめです。

    採用インフォメーション

    ボーコンセプトでは、北欧デンマーク家具の販売を通してお客様の一人ひとりの理想の部屋づくりをお手伝いしています。家具のコンサルティングセールスでは、いかにお客様の個性を表現できるかが重要なポイントです。そのため、販売員には北欧スタイルだけでなく、さまざまなインテリアスタイルの知識も必要になります。

    現在、ボーコンセプトでは、ストアマネージャーやインテリア販売員(セールスアソシエイト)を募集しています。インテリアが「好き」という方なら楽しく学べ、楽しく働ける職場ですので、ご興味のある方はぜひ下記リンク先の求人詳細をご参照ください。向上心あふれる方のご応募をお待ちしています。

    募集要項|ボーコンセプト・ジャパン採用サイト

    ボーコンセプトでは、デンマーク家具の企画制作・輸入販売を行っています。
    お客様にあわせて理想の空間をコーディネートする、インテリアデザインサービスの提供を行うセールスアソシエイトとして、一緒に働く仲間を募集しています。
    ボーコンセプトの募集要項を見る

    人気タグから記事を探す

    #接客#スキルアップ#ビジネス基本#トレンド#業界研究#インテリアコーディネート
    背景画像

    募集要項・Web選考に
    応募する

    Recruitment requirements

    ボーコンセプトには風通しの良い社風に共感した社員が、多く在籍しています。
    まずはあなたのこれからを気軽にお聞かせください。

    ボーコンセプト採用 
    募集要項